2010年01月24日

肥料と堆肥の違い

家庭菜園初心者に多いようなのですが、長年家庭菜園をされている方に
も「肥料」を誤解しているケースがあります。

よくあるのは「堆肥」と「有機肥料」を混同しているケースです。

「肥料」とは窒素・リン酸・カリという植物が生育するのに必要
な主要成分をある程度含んでいるものをいいます。

それに対し、「堆肥」とは土づくりするためのものです。
肥料成分を含んでいるものもありますが、ごく微量です。

「化成肥料」とは肥料成分を化学的に合成したもので、撒いて
すぐ効くように作っています。「有機肥料」とはいわゆる「ぼ
かし肥料」で、菜種、米ぬか、魚粕、など自然の原料を発酵さ
せて植物が吸収しやすいカタチにしたものです。

ただし、「有機肥料」にも、一部化成肥料がまざっているもの
もあります。

また、「腐葉土」とは葉を土化させたもの(その中途過程です
が)です。それも肥料成分はあまり期待できません。ただし、
土づくりには最適です。

まとめると、

「肥料」は植物の生育をよくするために使用し、「堆肥」は土
づくりのために使用する、と考えて、両方並行して使用すると
いうのが正しい方法だと思います。

参考になりましたらクリックお願いします。果樹・野菜(家庭菜園)ブログランキング
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:05| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。