2010年02月03日

石灰について

一言で「石灰」といっても、実にいろんな種類があります。

過リン酸石灰、硫酸石灰、苦土石灰、炭酸石灰、有機石灰、
貝化石、消石灰、生石灰、石灰窒素などなど。

酸性土壌を改良するためだったら、苦土石灰、消石灰が有効です。

ある程度カルシウム成分が土壌中にある場合は有機石灰、
貝化石などが有効です。

土壌消毒的な役割、雑草の種を殺す役割で使うならば
石灰窒素がいいです。

過リン酸石灰は、そもそも酸性肥料なのですが、成分が
作物に吸収されたあとは中性になる、という変わった
性質をもっています。

有機石灰とはカキガラとか貝ガラです。これらは実は
なかなか溶けにくいという性質をもっています。

その点、貝化石は、化石ですので、吸収されやすい
カタチになっており、土壌にやさしく、ほどよく
カルシウムを補給できます。ミネラル分も含んで
います。

生石灰は水に反応して熱を出すことがありますので、
家庭菜園の方にはすすめられません。

家庭菜園で使うのならば、もっとも適当なのが、苦土と
石灰を補給できる苦土石灰、もしくは貝化石がいいと
思います。

ちょっと応用編として、過リン酸石灰を水に溶かして
葉面散布すると食味アップが期待できる・・・と
井原豊さんは述べています。


参考になりましたらクリックお願いします。
果樹・野菜(家庭菜園)ブログランキング





図解 家庭菜園ビックリ教室

図解 家庭菜園ビックリ教室

  • 作者: 井原 豊
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 単行本



posted by 家庭菜園ヘルプ at 22:00| Comment(2) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリ肥料について

肥料の中の重要な3要素の一つであるカリの話です。

カリにもいろいろ種類があって、「硫酸カリ」「炭酸カリ」「塩化カリ」など
が有名です。おそらく肥料袋の裏面に書いてあるかと思います。

とくに気をつけなければならないのが、「塩化カリ」です。
これは水稲に使うのにはいいのですが、畑に使うと、
とくに根菜類などには悪い影響がでます。

たとえばサツマイモや大根などがいい例なのですが、
筋張ってしまうのです。強力な繊維質ができてしまう
といいますか、食べても食べにくいし、おいしくなく
なります。

野菜栽培で使えるカリは「硫酸カリ」と「炭酸カリ」
ですので、その辺も注意してみるとおもしろいかも
しれません。


参考になりましたらクリックお願いします。
果樹・野菜(家庭菜園)ブログランキング



kud0027-039_s.jpg
posted by 家庭菜園ヘルプ at 21:36| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

いいリン酸とは。

リン酸という肥料があります。
リン酸は、代謝といって、作物が生長するときに必要な
エネルギーを司る大切な成分です。

リン酸は、アルミニウムとか、鉄とかが大好きです。
日本の国土の多くは火山灰土で、火山灰土はアルミニウムを
多く含んでいます。ですので、リン酸肥料をまいても、
すぐにアルミニウムとくっついてしまい、作物に吸われなく
なってしまいます。

アルミニウムとの化合を防ぐ方法は3つあります。

(1)水溶性リン酸ではなく「く溶性リン酸」という溶けに
くいリン酸を使う方法(グアノリン酸などがそれに該当します)。
(2)堆肥にくるんでリン酸肥料をまくこと。
(3)土壌のpH(ペーハー)を弱酸性にする(pHを上げる)こと。

また、リン酸は根元から吸われていくといいます。
ですので、なるべく根に近いところにリン酸を撒くという方法も
あります。

ちなみに私がもっともすすめるのはグアノリン酸を使うことです。



参考になりましたらクリックお願いします。
果樹・野菜(家庭菜園)ブログランキング


pb199921-200x150.jpg
レタス畑
写真と本文はあまり(?)関係ありません。
posted by 家庭菜園ヘルプ at 17:26| Comment(2) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

未熟な鶏糞を安心に使う方法

ホームセンターなどで売っている発酵鶏糞は未熟なばあいがあり、
元肥で使用するとあとでガスなどが発生して根を傷めることがあり
ます。

未熟な発酵鶏糞を再発酵させる方法には、

「米ぬかなどを混ぜ、水分を50%くらいにして再発酵させる」

という方法があります。

nasubi02.jpg

本文と写真はあまり(?)関係ありません。


続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 23:28| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発酵鶏糞について

発酵鶏糞というものがホームセンターなどで売られています。
化成肥料ではないので、安全な野菜を作りたいといった方には
安心な肥料のように思われます。

でも、ホームセンターで売られている発酵鶏糞の多くは未熟な
ものが多いようです。

kud0026-041_s.jpg

写真と本分はあまり関係ありません。
続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 23:17| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

追肥のまく場所

家庭菜園の教科書などにもよく「元肥」「追肥」とあります。
「元肥」は作物の植付け(種まき)の前にまく肥料のことです。
「追肥」は作物の生育途中でまく肥料のことです。

元肥のまき方はだいたいわかったとしても、追肥はどうやれば
いいのかわからない、という方も結構いるようです。

tomato04.jpg




この写真は本文とあまり(?)関係ありません。



続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 06:34| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

肥料の成分について

作物を育てるときに必要な肥料の成分は通常、以下のとおりです。
窒素・リン酸・カリ(=カリウム)、カルシウム(=石灰)
・マグネシウム(=苦土)・微量要素(ホウ素、マンガン、鉄など)
です。

suika03.jpg

写真と本文はあまり(?)関係ありません。続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 22:07| Comment(2) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

肥料と堆肥の違い

家庭菜園初心者に多いようなのですが、長年家庭菜園をされている方に
も「肥料」を誤解しているケースがあります。

よくあるのは「堆肥」と「有機肥料」を混同しているケースです。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:05| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

大豆の混植

大豆はマメ科植物の中でも空中の窒素を固定して、根粒菌というのを
根に付けます。その根粒菌が土の中で窒素を供給する役割をします。
だから、たとえば田んぼの前作に大豆(転作)を植えた場合は、稲の
元肥はやるな、というくらいです。

野菜を育てるときも大豆の根粒菌による窒素は十分働いてくれます。

大豆を植えた後作で野菜を植えるのもいいし、大豆を混植するのも
いいです。

参考になりましたらコチラをプチッとお願いします。人気ブログランキング。
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:00| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。