2010年01月18日

竹酢について

以前竹酢について書いたところ、ご質問がありましたので、
この場を借りて回答したいと思います。

>木酢液よりも、竹酢液がいいんですか?
>散布頻度って、どれ位なんでしょーか?
>ダニ以外にも、効果はありますか?

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 06:46| Comment(0) | 農薬を使わない裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

トマトの生長のルール

トマトをよく観察すると、それもまた自然の摂理の
中にあるんだなあ、と感じることがあります。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 14:00| Comment(0) | 農業への思い(理念?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

除草したあとの雑草で除草する(?)

ある長芋農家から聞いた話です。

長芋はふつうは畝にマルチも何もしないで、育てます。
ところが、その方は牧草マルチをしたそうです。その
結果、通常より大きく、芋が充実した、味のよい長芋
がとれた、とのことです。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:33| Comment(0) | 除草を抑える方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

ジャガイモに消石灰はダメ。

こちらだけかもしれないのですが、ジャガイモを植える所に、
たまに白い粉が撒いてあることがあります。消石灰です。

畑を作る前には必ず消石灰をまくものだ、という昔からの
習慣というか、そういうことなのかと思います。

でも、ジャガイモだけは消石灰はダメです。
消石灰をまくことで、放線菌という菌が増える可能性があり
ます。放線菌が増えると、ジャガイモの皮にかさぶたのよう
な「あざ」ができるからです。それを「そうか病」といいます。

そうか病になっても、食べられないことはありませんので、
家庭菜園でやる分には、問題ないかもしれませんが。念のため。
posted by 家庭菜園ヘルプ at 23:45| Comment(0) | 根菜類の上手な育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無農薬で作りやすい野菜。

無農薬で作りやすい野菜と、そうでない野菜があります。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 13:14| Comment(0) | 農薬を使わない裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野菜を健康においしく食べる方法

今回は栽培の話ではなく、野菜をおいしく食べる方法について。

今の時期、青森では、冬場のほうれん草とか長芋とかが結構で
まわっています。当然それらは当たり前のように食べるわけです
が、おいしく食べて、なおかつ健康に食べる方法を提案します。

それは「ハチミツ入りりんご酢」をしょうゆにたらし、それに
ほうれん草や長芋をつけて食べるというものです。

まあ、料理でもなんでもありませんが、結構おいしいです。
試してみるのもいいかも。

はちみつりんご酢500ml

はちみつりんご酢500ml

  • 出版社/メーカー: ミツカン
  • メディア: 食品&飲料




参考になったらコチラをぷちっとお願いします。

posted by 家庭菜園ヘルプ at 11:25| Comment(0) | 野菜をおいしく食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽い霜だったら防げます

今から春にむけての季節は、暖かい地域でも霜の
心配があります。

霜よけ対策として寒れいしゃをかけるなどの対策
がもっともいいのかと思いますが、もしそれが
困難なときには、植物の地上部の濃度(いわゆる
糖度)を上げることで寒さに強い作物作りをする
ことも考えられます。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:00| Comment(0) | 風・霜・雨をしのぐ裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

堆肥じゃないけど大丈夫?

ある方から冬場に稲わら堆肥をつくりたいという話がありました。

でも、正直冬場には稲わらをただ積んでおくだけでは堆肥には
なりません。
やはり冬場は堆肥化に重要な微生物のはたらきが不活性ですので、
なかなかうまく発酵していきません。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:47| Comment(0) | 「土づくり」が一番大事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

山を想像する

畑に堆肥を与えるというのは「土づくり」の基本です。
ただし、その与えかたにはいろいろあるようです。

私がもっとも推奨する(みずからも実践して効果を
感じています)のは、「堆肥マルチ」です。

続きはこちら
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:57| Comment(0) | 「土づくり」が一番大事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆の混植

大豆はマメ科植物の中でも空中の窒素を固定して、根粒菌というのを
根に付けます。その根粒菌が土の中で窒素を供給する役割をします。
だから、たとえば田んぼの前作に大豆(転作)を植えた場合は、稲の
元肥はやるな、というくらいです。

野菜を育てるときも大豆の根粒菌による窒素は十分働いてくれます。

大豆を植えた後作で野菜を植えるのもいいし、大豆を混植するのも
いいです。

参考になりましたらコチラをプチッとお願いします。人気ブログランキング。
posted by 家庭菜園ヘルプ at 08:00| Comment(0) | 肥料について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。